ホーム > スポーツ障害

スポーツ障害

スポーツ障害 予防から治療まで、 スポーツによる痛みをサポート。

健康維持レベルからアスリートレベルまで、日常的にスポーツを行っている方は多くいらっしゃいます。
そこで起こるリスクとして挙げられるのが「スポーツ障害」です。
当院では、スポーツ障害を未然に防ぐコースから、万が一怪我をしたときのコースまでご用意しております。

スポーツ障害とは?

スポーツ時のアクシデント等による運動器の外傷(スポーツ外傷)と、スポーツを続けることによって起こる障害(スポーツ障害)の総称を、「スポーツ障害」といいます。

スポーツ外傷
スポーツ外傷

スポーツ中に勢いよく転んだり、何かにぶつかったりした際の強い外力によって起こる怪我のことをいいます。
1回の衝撃が強い場合が多く、体への負担も大きく重症度が高まる傾向があります。

スポーツ障害
スポーツ障害

関節など一部分が、スポーツを長く続けることにより消耗し、痛んでくる状況をいいます。
本人が無意識で行っている無理な動作の癖や、運動時間や運動量が負担になっているなどの原因があるので、そこを改善することが大切です。

「安静=完治」と思っていませんか?

「安静=完治」と思っていませんか?

競技にもよりますが、スポーツの怪我で最も多いのが、足関節の捻挫、肉離れ、靭帯損傷などです。

足関節の捻挫や肉離れなどの場合は、少しスポーツを休んで痛みが軽減すれば、後はご自身でテーピングしたり、サポーターをつけたりした状態で復帰している方が大半です。
しかし、そんな状態で復帰した場合、症状が悪化するケースが多く、「競技を続行することが困難になってお休みする…」というのがほとんどではないでしょうか?

また、「捻挫が癖になる」とか、「疲れてくると違和感や痛みが出てくる」「テーピングやサポーターがないと怖い」「思い切ったプレーができない」といった悩みをお持ちの方も多くいらっしゃいます。

「安静=完治」ではありません

怪我の状態が重ければ重いほど、安静だけでは元に戻りません。適切な処置と、適切なリハビリ・リコンディショニングプログラムはどうしても必要です。

スポーツ障害はプロにおまかせください

スポーツ障害が起こる原因は、以下のことが挙げられます。

スポーツ障害の原因
スポーツ障害の原因
  • 身体のケア不足
  • 疲労
  • 不適切なフォーム
  • ウォーミングアップ不足
  • 筋の協調性の低下
  • 筋機能の低下
  • 柔軟性の欠如

スポーツ障害は未然に防げますが、そのためにはやはり、自己管理のみでは非常に難しくなっています。
当院では、スポーツ障害の予防・治療に精通したスタッフが、患者さまお一人おひとりの身体のコンディションをチェックし、スポーツ障害を未然に防ぐコースから、万が一怪我をしたときのコースまでご用意しております。
日頃の疲れた身体のケアなども行っております。

ジュニア期のスポーツ障害

ジュニア期のスポーツ障害

スポーツ障害の予防・治療において、ジュニア期は非常に重要な時期です。
ジュニア期のスポーツ障害の中には、「オスグッド病」などのように、発症してしまったら元に戻せない病気もあります。
ポイントは、小学生の時期から正しいフォームを身につけさせること、そして疲れた筋肉をメンテナンスするように周囲が気をつける必要があります。

特に小学5年生頃から中学生の期間は、身体の成長に対する運動量や運動内容のバランスが狂いやすい傾向があります。たとえば、競技で使っている筋肉ばかりが早く成長し、それ以外の筋肉はゆっくり成長するというようなことになります。

するとどうなるか…。骨格が崩れ、身体のさまざまな箇所に歪みが出てきます。そのまま練習や競技を続けていると、ある段階で突然痛み出すということもあり得ます。

ジュニア期のスポーツ障害はほとんどの場合が未然に防ぐことができますが、子どもさんが「痛い」と言い出すまで気づかないでいると、そのときには症状もかなり進行している状態です。
身体に変化が起きているのを事前にチェックしてさえいれば、大きな怪我にはつながりにくいものです。変化を見落とさず、日頃から注意深く観察することが大切になります。

ジュニア期の身体の変化をチェック!
ジュニア期の身体の変化をチェック!
  • 朝起きたときの身体の動きがおかしい
  • 「疲れた」とたくさん言うようになった
  • 身体が硬く、柔軟性がない
  • 小さな怪我でも治りにくい
  • 怪我を繰り返す

これらをチェックするだけでも、変化に気づく可能性があります。
ただ、これだけでは完全ではありませんので、ぜひ一度、当院にご相談ください。
当院ではジュニア期の患者さまのサポートも行っております。